夏というのは、もう腹立たしいくらいに花にとって過酷な季節だ。

どんなに新鮮な花だって、
お花の元気レベルを他の季節と比べたら、比較にならない程。

だから、花が売れて欲しい気持ちとは裏腹に、
この季節に、偶然お花に目がいって、
一年に一度だけの花のお買い物をする人がいたならば、
もう二度と花を買おうとは思わなくなるんじゃないかしら とか、
心配になる。

 

8月というのは、そんな憂鬱な月なのだ。

 

そんな中、お花の市場が、去年から1日だけの夏季休暇をとるようになった。

花屋さん達は、仕入れができないので、自動的におやすみになる。

私も、急に降ってきたおやすみに、
以前から行ってみたかった「キャンプ民泊 NONIWA」さんへ出かけた。

(近くには、泳げるくらいの流れの川もある)

 

これまでに、キャンプ経験がたくさんある訳ではないのだけど、
山やら川やら(日影のある)自然の中に身体を委ねることがすき。

それに加えて、人との距離を保つことが必要な昨今は、
「オープンエアー」というのは、
仕事でもプライベートでも、
暮らす環境を考える上で大切なキーワードになると思う。

 

NONIWAさんは、埼玉県のときがわ町にある、
日本で初めてのキャンプ民泊の施設。

明るくて、可愛らしいご夫婦が経営されています。

宿泊先は、たくさんあるNONIWAさんのテントリストの中から、
気に入ったテントをお借りして、広いお庭に張り、
お風呂やトイレやキッチンは、清潔な室内のものを使わせてもらえます。

 

 

なので、汚い水廻りが苦手だったり、
道具の使い方が分からない私のような初心者でも
安心してキャンプできる環境を提供していただけます。

 

初心者のくせに、
空の下の「焼き肉」をやるんじゃなくて、「BBQ」をやりたいという私のリクエストで、
骨付き肉を用意していただいて、野菜もほとんど丸焼きの状態で、
好奇心と食欲に任せてルンルンで頬張り、

 

 

かわいいキャラバンの上のルーフトップテントに宿泊させてもらえることになり、
そうとう嬉しかったのか、
「もうキャンプを趣味にする」とその場にいた人たちに宣言した。

 

 

キャンプ自体が楽しかったのは、モチロンなのだけど、
オーナーご夫婦の
NONIWAオープンに至るエピソードや
ときがわ町の地域の人との関わり合いなんかのお話を聞くのが
とても興味深くて、新鮮だった。

苦労も喜びも経験して、
風変わりであるくらいな、自分らしい暮らし方を自分のものにした人にしか、
こういうワクワクするような生きた話って、できないなと思う。

 

 

そんなNONIWAご夫婦との会話の中で、
私は花屋をはじめてから、ずっと心の奥に引っかかっているものを少しだけ消化した。

 

お花って、美しく心に癒しをくれる存在だけど、
自分の為に飾っても、誰かを想ってプレゼントしても
ワクワクはしない。

幸福だけど、ワクワクとは違う気がする。

私は、このお仕事をするのがとても楽しいけれど、
例えば花束を作ったり、広い結婚式場に装飾するという
表現の機会をいただいているから、そうなのであって、
みんなも、同じように体験を伴うことでなければ、
キャンプをしている時みたいにワクワクできないのではないか?

これは、お店を開く前から考えていたことなのだけど、
私は、花を使って、何かを作り出す楽しみを人に伝えたい
と思ってお店を開いた。

ところが、それを伝える活動は順調とは言い難い。

 

 

焚き火を見ながら、うつらうつらした頭を起こして、
夜の10時過ぎから、ゴソゴソと朝食用のパンをこねた。

あー、しあわせ

パン生地の発酵する芳ばしさ
はじめてのダッチオーブンで焼くパンへの好奇心
時々流れる空に舞う星
途切れることの無い虫の声
ルーフトップから眺める薄曇りの木立の中の朝

 

 

焼き加減に注意しながら炭をのせるのだけど、
ほんの少しの加減で焼きすぎに…

だからまた挑戦しようと思うし、
このパンが思っていたよりもずっとずっと美味しくて、
次に作る時にはソーセージ巻きロールパンにしようとか
一緒にキャンプする人にとっては迷惑なチャレンジ精神を燃やす。

 

いつもとはちがう環境で不便を楽しみながらパンを焼き、
最高においしい そのパンを食べる
大げさかもしれないけれど、これは日常の中の非日常だ。

 

来年の夏は、お店に閉じこもっていないで、
チセへ来てくださるお客さまたちと
非日常を感じに、外へ飛び出そうと思う。

あおい草木と空が広がる場所で、
花かんむりやブレスレットを作ったり、テントを花のガーランドで飾ったり
自然の中で過ごす楽しみを、もっと膨らませられるようなイベント。

そんなのって、どうでしょうか?

NONIWAのご夫婦ともご縁をつなぎながら。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です