どんな普通の1日にも、少しだけ楽しみをプラスする工夫をしたい

と思って過ごしています。

 

毎日は難しいけれど、

手が届くこと、簡単に叶えられることを少しだけ。

 

例えば……、

12月の買い物は、1年間を自分なりに頑張って過ごした自分へのご褒美の買い物。
だから、贈り物用のラッピングをお願いする。

これは、私の幼なじみが、まだ10代の頃に教えてくれた、
買い物にワクワクをプラスしてくれる、アイディアです。

 

季節の行事をきちんとこなすこと、心に触れたものを写真に撮ること、餃子の皮は手作りすること、

楽しみはどれも、手間を掛けて丁寧にすることなのだと気付きました。

 

花屋の仕事の場合は、どうしたら花を買ってくださるお客様に楽しんでいただけるのかを、
ずっとずっと考えてきました。

答えの一つは、
贈り物の花を頼んでくださるお客様には、贈り物作りに少しでも参加していただくということ。

面倒くさそうでしょ 笑

 

12月のある日、友人が贈り物の花を頼んでくれたので、
「アレンジメント作りを一緒にしてみない?」 と尋ねてみました。

 

 

お出掛け前で、短い時間しか無かったけれど、快く引き受けてくれて、

一緒にアレンジメントを完成させました。

 

友人は、

お花屋さんになりたかった子供の頃の夢を叶えてくれた

と言って、喜んでくれました。

 

受け取られた方も、手作りのアレンジメントを貰って、

きっと、普通の贈り物の何倍も嬉しかったのではないかと思います。

 

 

私のやりたいのは、こういう事。

花を贈る人に、相手を思いながら贈り物を用意する時間を楽しんで欲しいし、

受け取る人には、贈り物と一緒に気持ちを受け取って欲しい。

 

皆さんも、お花の贈り物をする日が来たら、ご自身の手で贈り物を作りにいらしてください。

普通の1日に、物語がプラスされるかもしれません。

One thought to “楽しみをプラスする方法”

  • チセができてから、チセに顔を出して花たちに、店主に、癒され励まされること自体が日常に楽しみをプラスしてくれるようになりました。ありがとう。

    返信

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です